HOME不動産投資セミナーマンション投資物件情報会社概要
年金対策してますか30代から始めるマンション投資

Blog

2014年5月23日 金曜日

マンション経営は儲かるのか?

マンション経営、、すなわちマンション投資、弊社では年金対策や節税対策などにおすすめをしておりますが、

なんていても【投資】のカテゴリに分類されるだけあり、

実際のところ儲かるのか?というのは始めるべきか検討されている方も、全くその気のない方にとっても気になるお話かと思います。



儲かるか儲からないか、は実際のところ個人の感覚の差もあるのでなんとも言えませんが。
区分所有においては、一物件を買ったからといって決してものすごく儲かるということはありえないでしょう。
弊社で販売している都心の中古マンションの家賃は8万円代~11万円くらいが相場です。キャッシュで買ったとしても、家賃収入はその程度、ローンで購入される場合は返済分と相殺されるのでもっと少なくなります。
安い物件を選んだり、値引きをすることで利益はより見込めますが家賃分より多くなることはありえませんね。


利益がより欲しい!と考える方は一棟買いを選択するのもありです。
一部屋あたり8万円の利益がある場合10戸あれば80万円の収入。
これだけの収入があればあぁやっぱりマンション経営ってもうかるんじゃないか!なんて思えるかと思うのですが、、、、

やおおあり、一棟を買うのは相応のお金が必要になります。
サラリーマンの平均年収が410万円を割り込む時代。
一棟もののマンションをローンで購入するのは荷が重い、、と感じてしまいませんか?
そう感じられた方にとってはやはり一棟物件はリスキーです。
(一棟ものは収益も大きいですが、空室のリスクが大きく手放すのもまた区分ほど簡単ではありません)

では区分マンションのオーナーとなって、もうちょっと儲かってる!なんて実感を感じたりはできないものでしょうか?

一棟ものが収入が多いのは何戸もの物件を所有することになるから。

では所有する区分マンションを1件、2件と増やしていけば少しずつ、より大きな利益を実感できるのではないでしょうか?

区分マンションのローンは一般的なサラリーマンでも比較的簡単に組むことができ、
また一物件あたりの金額も場合によっては貯金をかき集めればキャッシュで支払うこともできます。

このように条件の良い物件をしっかりリサーチし、増やしていくことは
より多くの利益を求めたい投資家から実際に、指示されています。

さて、物件を増やしていく上で、(勿論当たり前ではありますが)場所、が重要な事はみなさんも重々承知かと思います。
不動産の価格がなかなか上がらなかった近年ですが、ここに来て都内の地価が値上がり、中古マンションの値段も上がり始めています。

例えば中古マンションで買った時より売るほうが高いなんて物件も少なくなくなってきている上京は不動産バブルが小さく湧き上がり始めている気さえ感じさせます。

実際、今後の価格がどうなっていくかはまだ厳密にはわかりませんが、専門家の見方では2020年の東京オリンピックまでは高騰が続くだろうと言われています。

ずっと所持しているのも資産ではありますが、不動産は売って現金化したりまた別の物件を買い直す運用も資産のあり方の一つです。

区分マンションは売買がし易い、と先に書きましたが、中古マンションを複数個堅実な場所で安く購入し6年後のピーク時に売る(5年以内は譲渡所得税が余計にかかるので...^-^;)こういった運用を行った時にはじめて、あ!儲かっている!と多くの方が感じることができるのではないでしょうか?

投稿者 新生地所株式会社