HOME不動産投資セミナーマンション投資物件情報会社概要
年金対策してますか30代から始めるマンション投資

Blog

2015年8月31日 月曜日

株・FX・投資信託・・・運用先はやっぱり不動産?



このところ株価の変動が激しく、損をした、という声もちらほら耳にします。
先週は、日経平均株価が暴落。一時は18000円まで下落しました。

企業が潰れさえしなければ、今下がっても所有し続けていれば株価はいつかまた上がるとは思いますが、やはり株、の上下変動の振れ幅は大きく、全てを予測することは指南の技。名だたる大企業も不安定なこの時代。以前にも増して「儲からない」印象は拭えません。株は旨味は株主優待に見出す、という考え方も主流となってきています。

自身の経験でも優待で色んな物をもらえたりサービスを受けられることは大変有り難く、1年に1度優待券の届くタイミングはある意味「お楽しみ」ではあるのですが...あくまで「オマケ」、、のためだけに新たに沢山の資産を株に投資するという発想にはなかなかつながりません。

株式投資で資産を損失した経験のある投資家の中には、新しく不動産投資を始める方も少なくないとよく聞きます。
やはり不動産投資は、収支が明白で株に比べれば要しやすくリスクマネジメントも比較的対策しやすいため、
株を辞める辞めないはおいておいても性質の違うふたつをダブルで運用することに安心感を見いだせるためでしょう。
他の投資商品と比べて、不動産が今ある資産を必ずしも使わなくても良い(ローンで所有することができる)こともリスクを心配せずダブル運用に前向きになれる大きなメリットですね。

弊社では、不動産を所有するにあたって、今確実にCFを得ていくことが可能な物件のご紹介を心がけています。例えフルローンでもCFが得られる...。その収入の運用方法によっては更なる資産の拡大やペースを自身で拡げていくことも自在です。貴方ならどう運用しますか?

投稿者 新生地所株式会社 | 記事URL

2015年8月 6日 木曜日

【もしもの備え】の選択、どうしてますか?



日本人の一番多いもしもの備えは貯金。国民年金基金や保険を選択する方も少なくありません。リスクを嫌う日本人らしい現状です。

低金利時代の今、貯金が貯金以上になることはなかなかありません。1億円の定期預金でも月あたりの収入1万円強の収入にしかならない時代。保険や国民年金基金の積立も、現在の生活費から捻出するわけですから、楽ではありませんね。

不動産経営は物件にもよりますが、「思ったより儲からない」と答える人もいます。安い物件を買えばローンがつかなかったり、建物の維持に費用がかかります。新築を買えばキャッシュ・フローがマイナスとなる場合もあります。
しかし正しい物件の選択をすれば、時代の変化に関係なく「確実」に毎月数万円の...1億円の定期預金の月収を遥かに超える利益が得られます。

利息が増えない低金利時代。でもそれは不動産経営を始めるには好況です。今後も金利の増減はあるでしょうが、更に低金利になればローンの支払いは減り、金利が増えたからといって必ずしもキャッシュフローがマイナスになるとは限りません。むしろ不動産の価値が上がりキャッシュフローが更に大きくなった事例すらあります。取得の際に考えうるリスクを極めて最低限にすることで、不動産投資は、他の低リスクと言われる備えよりも、少ないリスクで大きな利益を生み続け、しかも自分の生活も金銭的に変える必要はない、という理想的な構図を作り出すこともできるわけです。

今と将来を豊かにする選択肢のひとつとして、不動産経営を加えてみませんか??

投稿者 新生地所株式会社 | 記事URL

2015年8月 3日 月曜日

サラリーマンの不動産経営セミナー開催報告(品川)

7月29日(水)と8月1日(土)に品川にて不動産投資セミナーを開催いたしました。



様々な不動産経営のアプローチの中で今の収入をサラリーマンがいかに効率よく増やしていく選択をしていくかをホワイトボードで丁寧に解説させていただきました。この解説が、「ここだけでしか聞けない」「丁寧でわかりやすい」と毎回参加者の皆様に好評なんです(^-^)v 常に「今」と「未来」を意識した不動産経営のベテランエキスパートならではのノウハウは、必聴です。

次回は、9月30日(水)に東京・八重洲で、10月3日(土)には大阪梅田の2都市でセミナーを開催致します。
必ずキャッシュ・フローを生み続けるサラリーマンの不動産経営学、学ぶなら今です!

お申込み・詳細はセミナーページをご覧くださいませ。

不動産経営はサラリーマンの特権を最大限に生かした資産運用です

投稿者 新生地所株式会社 | 記事URL