HOME不動産投資セミナーマンション投資物件情報会社概要
年金対策してますか30代から始めるマンション投資

節税対策としてのマンション投資

1年に支払う税金は毎年増えているのをご存知ですか?
扶養控除廃止や縮小による増税で家計の負担は年々増えています。

そこで、節税対策としてワンルームマンション経営などの不動産投資が注目を浴びています。つまりは端的に言うと、ワンルームマンション経営を始めると、逆に税金が返ってくる、ということです。不動産投資として、マンション等で経営をされている方は、毎年確定申告をしなくてはなりません。実は、確定申告をすることにより、実際は黒字でも税務上の経費を計上して赤字を作ることが可能となります。この、税務上の赤字分を今の収入から差し引くことで、税金の返還が発生します。

つまり、増税分の負担は合法的に節税をして、取り返していくことができるのです。

ただし、マンションを持つことで固定資産税や不動産取得税がかかってきます。そこも考慮必要があると言えるでしょう。
固定資産税・不動産取得税の具体的な金額など詳しい説明は不動産投資の真実「マンション経営徹底ガイド」でご確認ください。


無料レポート請求はこちら 無料セミナーはこちら